真理と幸福 陰と陽 似てる?

このまえ、すごく簡単な哲学の本を買って読みました。

 

それで、まだ途中なんだけど。

 

真理追求する人と、

 

幸福を追求する人と、

 

なんか陰陽で、ゴールは同じ気がしたりして。

義務教育の英語が壊滅的な教え方だった理由

 

これは妄想なのですが、

 

母国語の日本語を守るためにわざとクソな教え方して覚えにくいようにしたのでは説(笑)

 

そうだとしたら当時の防人達すごすぎだろう。

 

ちなみに私が大好きな将棋もGHQに一回消されかけたんですが、

升田幸三せんせいが討ち返したので消えずに済みました。

 

そうじゃなかったら、僕は5歳のころに将棋と出会うことはなかったでしょう( ˘ω˘)

 

升田幸三せんせいは、出身地が母方の実家とほぼ同じで、私が産まれた年にこの世を去っているので勝手に繋がり感じて尊敬していますwww

 

幸三せんせいも間違いなく侍で防人であった。

 

生き様もかっこよすぎる。

 

 

話が脱線したねw

 

“義務教育の英語が壊滅的な教え方だった理由” の続きを読む

みんなダメだけど調和が取れている世界

 

みんなみんな、

 

ダメで、

 

汚くて、

 

不完全で、

 

未完成で、

 

いびつで、

 

変な形してる

 

 

でも、集合としてみた時はあら不思議。

 

なーんだ、ちゃんと調和のとれている世界じゃん!

 

 

あれ、もしかして自分もその調和のとれている世界の一員なのか?

 

ああ、

 

なにも心配いらないね。