【日変月化】生産性とかダメ出しって言葉に感じるモノ【カウント95】

 

けんいちです。

 

今日は「潜在意識」「人は動物である」という観点で一つ物申したい。

 

職場の人みたら即殺されるでしょうが、彼らを恨んでるとかは一切なくて、私の感受性の話なので悪しからず。

 

生産性とかダメ出しって言葉に愛や人扱いを感じない

 

生産性を高めるのだーーー!!!

 

って言われると。

 

私は

 

いや、オレ機械じゃねーけど?

 

って感じます。

 

書いてておもったけど、これビリーフだからそのうち違うこと言うね。

 

 

あと、ダメ出しって言葉も愛を感じないので歓迎されてない感ハンパないです。

 

助言とかアドバイスって言葉と論理的な意味は同じだとおもうんだけど、

 

人の脳。それも潜在意識の部分。

 

果たしてそこはその違いを認識できるほど賢いだろうか?w

 

言うて人は動物で お猿さん達とは親戚ですぜ(笑)

 

というか、これも書いてて気づいたのだが、むしろ認識できてるから辛いんだろうね。

 

ダメ出し=愛がない=歓迎されてない

 

って直感とか潜在意識の部分は認知してしまっている。

 

生産性って言葉も、人によって受け取り方は違うだろうが、

 

私は機械とかシステムに対して使う言葉だとおもっているので、

 

同じく 潜在意識は萎える

 

 

 

【余談】

【雇われ星脱出】と”もつれる”小話をしたに

 

小手先の技術・テクニック、マインドセット以前に

 

私はモチベーションとか、一存在としての力を抑え込まれてる・削ぎ落とされている状態にあるんだろうな。

 

けんいちより

【雇われ星脱出】行動の仕方に迷いがある【Day2】

 

雇われ星だと窒息するのは確かだけど、

 

だからって焦ってとりあえず無闇矢鱈に行動しても効率が悪い。

 

なにより酸素的なモノを無駄に消費する。

 

時として感を信じ行動してしまうことが正解。

 

時として、深く思慮し行動を選択することも正解。

 

そして、行動なき時間経過に変化や結果は伴わない。

 

 

一番あぶないのは、じゃあ焦ってでも行動しよう

 

だと考えているが、

 

考えすぎて行動できてない

 

も怖い。

 

思考迷路の真っ只中である。

【雇われ星脱出】オイラ、雇われ星を脱出する所存【Day1】

 

どうも。現在、完全無能インフラエンジニアのけんいちくんです。

 

色々コトの経緯を説明したいのですが、オイラもちょっと整理しないと皆に伝えられない。

 

とりあえず、「オレは雇われ星で生きていける生物ではない」

 

という絶望的な事実が発覚したんだ。

 

もし駄目だった時のために記録を残すぜ……

 

まずはじめに、ニュートラルに感受して、ドライに分析する。

 

こいつを最初の一歩として掲げるぜ……

 

一から自分で銭を作っていかなければならないんだ。

 

修羅の道であるのは明白。

 

でも、ここにいたら必ずいつか酸素が切れて窒息しちまう。

 

一つ一つ、問題を解決していくんだ。

 

まずはそこからだ。

けんいちくん、色々な勘違いが発覚・顕在化(笑)

 

ワシですね、正社員→派遣→フリーランス(無所属雇われ)

 

ってシステムエンジニアやってご飯とりあえず食いつないでたんですね。

 

で、正社員→派遣→フリーランス(無所属雇われ)って流れは

 

オイラ、組織に属するのまじで無理やわ……

 

ってなったからやってたわけなんですが(お金が欲しかったもあるゾイ

 

どうも、

 

気づいたらなんでイマサラなんです?ww

 

なんだけど。

 

雇われるのもニガテだったらしい(笑)

 

けんちゃん絶望なう(*´∀`)おいら雇われて生きていくのムリらしいよ(笑)

 

 

たぶん、その事実を隠したくて粘ってたんだろうね。

 

自分に嘘をついてたんだw

 

だけど、今の職場で自分がすごい無能状態になってて、

 

色々感じたり考えたら

 

この答えだったのだ/(^o^)\ワロスwwwwwwwww

 

どうしてこうなった!!

 

 

とりあえず、完全自分由来でお金作っていくには色々問題は現実あるわけなんです。

 

そこはニュートラルに感受して、ドライに分析していく。

 

で、映画のオデッセイみたいに一つ一つ問題を解決していくわけさ。

 

雇われ星を脱出するわけだね。

 

ひーwww

 

修羅の道ぃ~~~(^q^)だがそれがいい。それでいい。

 

やけくそや~~(*´∀`)ハハハハハ

 

とりあえず寝るか( ˘ω˘)わら

光も闇を和合すると器に空きができる

 

どうも「鉄風」の名も「仲田」の姓も「健一」という名も全部ひとつになりだしている「けんいち」です。

 

 

今日は細かい理屈は抜きにして感性的な記事で(キョウもか?w

 

光と闇を統合するってのは”あいだ”を取ることではない

 

 

ぜんぶ「ありあり」にしてしまうってことなんだなと

 

そうやって、「バラバラ」だとおもっていたコトがひとつになると、

 

あたまの中の散らばってる感が、なんか掃除した部屋みたいにスッキリする。

 

そうすると脳空間にスペースができて、次のコトを受け入れる空間的余裕ができる。

 

 

あ、関係ないけど最近のMyブームは「いまを生きる」です。

 

セレブラントの人達がみたらきっとビビっ!!とくるワードですねw

 

 

私が「いまを生きる」人になったら、きっと同じく「いまを生きる人」がどこからともなくワラワラわいてきて、(笑)

 

「光の一滴」を手渡す時がくるんだろう。

 

というか、このまだ私が「いまを生きる人」になってないってのもタブン違うんだよね~

 

っていうのを最近想う。

 

現実的にどうかってのは置いといて、先に脳内だけでもそうなっちゃっていいのだと。

 

だって、自分の中にそういう可能性がない人ならそもそもそっちの世界って現れてこないから。

 

「理は我が内にあり」

 

14歳、厨二病まっさかりの頃の自分が考え至ったセリフです(笑)

 

今年でちょうど厨二病一周して28歳になりますw(8月に)

 

還ってきたようですねw

 

おかえり(*´∀`)