悩みの解決はプロに。共感や受用は身近な人に。

けんいちです。

 

今回の記事はTwitterでツイートしたモノをブログ化してます。

 

悩み事って身近な人に相談しがちです。

 

確かに、話しやすい人に話すのは私もよくありますし、デリケートな問題ほど人に話せません。

 

ですが、それではあなたは 前 に 進 み ま せ ん 。

 

もっとリスクを背負って、然るべきところに助けを求める勇気を振り絞りましょう。

 

⚡️ “悩みの解決はプロに。共感や受用は身近な人に。”https://t.co/Hm0apAfkJG


身近な人は解決する力を持っていない

 

困った、悩んでいる…誰か、HELP!!!

 

これが一度も無かった人は温室栽培か神人しかいないでしょう(笑)

 

で、あなたは一番最初に誰に相談しますか??

 

親、友達、同僚、先輩…等など、身近にいる相談しやすい人に話すことが多いと思います。

 

ですが、これは解決するという意味では ” N O ! ! ” です。

 

 

よく考えてみんさい、あなたの身近にいる人達。

 

いわゆる 類友 が殆どだと思います。

 

そう、つまり。

 

あなたの悩みは身近な人も高確率で引っかかっています。

 

もちろん、その限りではありません。

 

類友ゆえに、一歩先に進んでいたらクリティカルな答えを持っていることもあります。

 

で す が

 

難しい問題ほど皆同じように困っています。

 

特にお金とか恋愛とか

 

なので類友に相談しても解決しないと思ったほうが健全です。

 

じゃあ誰に聴けばいいんだよ!?

 

それは次の項目で。

 

解決策は専門家に聴く・学ぶ

 

たとえば収入を増やしたい。

 

なので副業や転職を考えている。

 

この答えにあなたの身近な人が答えられるでしょうか…

 

多分、高確率でNOです。

 

だって、あなたの身近にいる人達って殆ど金銭感覚が同じ位の人達ばかりだとおもいます。

 

なので、副業や転職のノウハウって持ってないと思います。

 

あと、恋の悩み?

 

これはデリケートな悩みなので赤の他人には相談したくないですよね。

 

ワイもそう思います。

 

ですがね。

 

病気になったら皆医者行くよね?????

 

いやほんと。この記事このワード一発で全部説得できると思ってる。

 

皆、病気したら医者行くよね???

 

難しい病気であればあるほど調べて専門機関・専門医のところ行くよね????

 

そうだよ。

 

悩みがデカかったり難しいほど専門家の所に行くのが正しいんだよ。

 

恋なんてクソ難しい問題をより難しくしてるのは身近な人に相談するからです。

 

よくやってしまいがちなのが、「経験が豊富な人に聴く」パターン。

 

なにがいけないのって?

 

「うまく行ってる人に聴く」方がええに決まってるやろ。

 

あのですね、経験豊富だけどうまくいってない人って、失礼ですがノウハウとしてはダメなんですよね。

 

そんなうまく行かないノウハウ吸収しても悪化するだけです。

 

一つの意見、反面教師にはいいけど、そこにだけ依存してたらダメです。

 

わかったら今度から解決策は専門家に求めましょう。

 

こういう視点が有るか無いかだけで情報格差って起こるんですよ。コワイデスネー

 

幸い、サイバーパンクが実現してるこの世界ではその道のプロが沢山情報発信を行ってくれています。

 

本、ブログ、YouTube。なんでもござれ。

 

人によってはセミナーも開催しています。

 

お金と時間を捻出できる人はセミナーに行くのもいいと思います。

 

((詐欺や詐欺まがいのセミナーも世の中にはあるので見極める事!!))

 

身近にいる人に相談すること自体は良いこと

 

じゃあ友達に相談するのはダメなんだ??って怒ってる人。

 

落ち着いてください。

 

むしろ私は身近な人に相談することは 推奨 しています!

 

ただ、言いたかったのは切り分けが必要ということです。

 

解決は専門家に求める。

 

では友に求めることは?

 

それは共感と受容です。

 

これは相談された場合にも必要な視点です。

 

特に私含めて野郎共♂はこれが致命的に下手な人種なので正座して読んで下さい(笑)

 

まあ、簡単にいうとですね。

 

癒やし・安心が欲しいのですよ。みんな。

 

考えてみてください。悩んでいる時って大概セットで不安だとおもいます。

 

私の親父は内科医だったのですが、親父も極意として患者さんに安心を与える事は常々言っていました。

 

幼い頃に耳にタコが出来るくらい言われましたね(笑)

 

病気の相談に乗るプロが安心を与えるのが重要だと言っているのです。

 

これは確定的に明らかな事実です。

 

医者なら解決策も提示できますが、我々は殆どの事に関して素人です。

 

なら、我々が相談されたら出来ることは共感と受容の姿勢で癒やしと安心を与えることだけなんですよ。

 

 

だから、相談する側も友達とかに相談する時は多くを求めない事です。

 

相談された側も多くを与えられない事をふかーく自覚することです。

 

間違っても、指導・説教はしないこと!!!

 

これ、ヤロー共はやりがちだし、なんならやったことで相手を傷つけてるのも自覚してないので注意すること。

 

人によっては今すぐ反省なさい。

 

まあ、男は人類進化の過程や社会に適応していく過程で「問題を解決しなきゃ!」って考えるように出来上がってるので、「善かれ」とおもってやってるんですけどね……

 

だからこそ質が悪いですけどっ!!!ww

 

たまに自分の手柄にしたいが一心でゴミノウハウを押し付けてくる人がいるのでその人は反省してください。(真顔)

 

まとめ

 

・本気で悩みを解決したいならその道の人の所へ

 

・身近な人には解決まで期待しない

 

・相談された側なら自分が素人であることをわきまえること

 

・どんな場合でも共感・受容の姿勢で

 

・アドバイスする時は癒やし・安心を与えてから

 

以上です!!

 

ちなみに主も上記の事で失敗してるので皆安心してください(笑)

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら
けんいち

最新記事 by けんいち (全て見る)