個人とは幾万の他者から構築される

けんいちです。

 

飯を食いながら思っていたことがあったので、書きます。

 

自由の定義で勘違いしていたこと

 

これと同時に気づいた事です。

 

 

まず初めにですが、「「あなたの身体は誰が使っていたものですか?」」

 

はじめのはじめは、母と父の細胞同士からですよね。

 

つまり、母が使っていた肉体から作られた細胞と、

 

父が使っていた肉体から作られた細胞から発生しているのです。

 

 

その後は暫く、母から沢山貰っているハズです。

 

母が使っていた身体から多くを分けてもらっています。

 

その母も、肉や魚、野菜など、多くの誰かが「使っていた身体」を受け入れて自らの身体としています。

 

 

その後、ある程度すると自分で「誰かが使っていた身体」を受け入れる事を始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの脳の中にある情報は、「「誰が使っていた情報ですか?」」

 

母が使っていた情報。父が使っていた情報。友達が使っていた情報。

 

TVが使っていた情報。本が使っていた情報。音楽が使っていた情報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は幾万の他者から成り立っている。

 

 

人は本質的に、誰かが使っていた◯◯を受け入れて自己を構成する。

 

 

そういう生物らしい。

 

 

 

 

 

 

 

だから、自己をもっと。もっともっと。変えたい、先に行きたい。

 

そう願うのであれば、もっと摂取すべきなんだ。

 

何を食べるかは、あなたのセンス次第。

 

 

 

 

 

 

 

(^^)ノシ

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら
けんいち

最新記事 by けんいち (全て見る)