自律神経の均衡が崩壊したので結構やべー記事書く

けんいちです。

 

自律神経の均衡が崩壊したおかげで無意識に隠してたものがイッパイわいてきました。

 

ので、ちょうどいいから書いておきます。

 

でないと次いつ書けるかわからないので。(というか書けないのでは

 

 

で、一つ前の記事で過去に何回か死んでるみたいな事かいたのですが、

 

思いつくままに書くと、一つは中学校での棒倒しですかねぇ。

 

運動会の種目で、棒倒しと言うものがあるのですよ。

 

まあ、私がやった棒倒しは防衛大みたいにこんな大人数で棒守ってませんでしたけどね。

 

屈強な男達でもこの人数で守るのに…w

 

だから俺の頭に棒が直撃するとかいう惨事が起こるわけですよ(白目)

 

私と会ったことがある人はわかると思いますが特に障害は残ってません。奇跡的に

 

暫く左耳の聴力失ったけどな!w(鼓膜の内側が血の海)

 

正確には今でも体調に異常が発生すると左耳の様子が少しおかしくなったり、棒が直撃した頭の左側に頭痛が起こりますが←古傷的なね

 

その後母校から棒倒しの競技は廃止されました。

 

私は身をていして棒倒しの危険性を示して廃止に追いやった英雄です←ヤケクソ

 

ちなみに、「組体操は危険!!」ってマスコミが報道して世間が騒いでる時にワシは

 

は?まだ蛮族イベント続けてるの?もう十年は経ってるけど??

 

と、感じてましたね。

 

というか、ホント危険だし俺みたいに五体満足で帰って来れない子達が痛ましすぎるんで即刻やめろ、いいな。

 

俺みたいな立場の人間じゃないとここまで強く断言できないと思うのでいいます。

 

子供を廃人にするような運動会競技は即時全廃。異論はありあえない。

 

ちなみに組体操の練習で少し痛めた首も未だに少し引きずってますけどね。

 

生徒の肉体スペック年々低下してるのに何も考えずにデントーデントー

 

とかほざいてるから大けが人だすんです。

 

いいですか、真に伝統を伝え残してるところはどこも秘伝のタレ理論で繋いでます。

 

歌舞伎をみてください。新しいものガンガンとりいれてますよね?

 

あれですよあれ。

 

お寺とかも新しいものガンガン取り入れてたりしますからね。

 

宗教が一番長続きしてる組織な理由もあれです。

 

ローマ法王様もTwitterされてますからね。

 

なので、何も考えずに変えないこと and そのまま続ける事デントー

 

とか言ってる人たちは残念ながら生きた化石なのです。

 

今日は思いっきり鬼畜口調でいきますよ、せっかくなんでね。

 

デントー蟲は駆逐しましょう。一匹残らず。絶滅でいいです。

 

まあ、棒倒し惨劇は私が五体満足で生還したおかげで全て丸く治まってるので善しとしましょう。(慈悲の心)

 

たまたま棒に当たるのがワシだっただけですしね。まあ、必然でしょうが。

 

というかですね、本当にここだけの話ですが、丸く治まって本当に良かったと思ってます。

 

確かに多少の文句はありますが実際の所、恨みは全く無いんですよね。

 

先生たちも良かれと思ってデントーの棒倒しをリストアップしたわけですし、

 

というか、母校の先生方は本当に人がいい人達だったのでその人達の選択を恨んでるということはこれっぽっちもないのです。

 

実際、事故は起きたけど安全マージンはちゃんと考えて練習とかもしてましたし。ちゃんと危険な事する意識はあったし、相応に安全は考えていたのですよ。

 

ワシが棒直撃したあともソッコー保健室に連行してくれましたし。(ちなみに直撃直後は気絶して記憶ない)

 

校長先生も隣にいたので今思えば相当な血相で駆けつけて隣にいてくれたんだと思います。書きながら涙でてきました。ありがとうございます。

 

更に思えば先生方のほうが心臓止まったんじゃんねぇかな?と思います。

 

いや、止まりますよ。記憶ないんでわかんないすけど。

 

その後も副校長先生(教頭)が同伴して墨東病院のERにピーポーされました。

 

ので、私としては

 

やるべき事をやったうえで事故っただけだし、事故ったあとも精一杯やるべき事やったし、ちゃんと危険だから廃止しましたし、何も恨む要素は無いんですよね。

 

流石に人間なのでちょいとは文句はありますが、コレくらいは許されるでしょう。

 

 

 

で、丸く治まって良かった 真 の理由なのですが、

 

あれです、がいわゆるモンスターなペアレンツの素質を悪魔的に備えてた人なのですよ…wwww

 

ワシの父親は医者で怒ると気性がヤバイ人だったので障害残ってたらこの事案はTVで血祭りルートに突入してたとおもいます。(今だから言える)

 

あれなんですよ、医師が書く文章にはお国公認パワーが宿って国家権力ソードになるので結構ヤバイんですよ。

 

医師が止めろっ!と一筆すればドクターストップっていう効果を発揮しますし、

 

医師が「この人は死ぬ可能性がある」と一筆すれば生活保護が通ったりしますからね。(ソースは親父)

 

なんならアウトですけどインフルエンザですって医師が一筆すれば仮病でもインフルエンザ扱いで一週間仕事休めますからね。

 

※ワシはこの宝刀使ってないです。悪いことだと知ってたので親父に頼むことはしませんでした。親父の免許にケチつきますし。

 

なので、平常時は穏やかな父ですがキレるとやべーやつになるので国家権力ソードが魔剣になっちゃうんでうよね(まじやばい)

 

しかも祖父も医者だし、更に言うと親戚も医者たくさんいる(らしい。実家の愛媛に)、当然父のお友達も医者だし、ぶっちゃけ敵に回すと国家権力ソードが無数に抜剣される鬼畜家系なのでホント良かったです……

 

身内のワシが言うのもあれですが、我が家系の国家権力ソード保有者達はいささかやりすぎというか、鬼畜というか…その、性格に難ありな人たちなんですよね。

 

あ、でも医者としては優秀な人達でしたからそこら辺は心配ないです。

 

というか、医者してる時は別人格なんじゃねぇかという。

 

なので、私に障害が残ってたら多分母校は完全に血祭りにあげられて尊敬してた先生達がお茶の間(TVと我が家の両方)で頭を下げてる強烈なシーンを泣きながら見てたと思います。心にも障害のこっちゃいますね。

 

 

 

なので、母校も血祭りにならなかったし、ワシも五体満足だし、親父達も抜剣せずに済んだので丸く治まって本当によかったです(白目)

 

 

もう時効だとおもうのでボロしました(笑)

 

ちなみになんか凄い家の人なの?って勘違いした人がいる可能性があるので書きますが、全然そんなことないです。

 

むしろ人としてはカースト最下位くらいの鬼畜共です。

 

ワシは彼らを反面教師データとして成長しますた。はい。

 

ちなみに今は私は何も悪いことしてないのに縁切られてます。

 

それも本家の長男なのにw

 

ので、安心して私に接していただければ…縁切れてなくても私の周りに刃向けるようなら手首ごとへし折りますけど。

 

まぁ。その。色々鬼畜には理由があるんです。

 

彼らもなりたくてなったわけでないんですよ。

 

むしろ、祝福されて生まれた人たちなんです。

 

ただ、その祝福が重すぎて呪いに変わってしまった。

 

そして血の呪いに取り憑かれてしまった人たちなんですよね。

 

詳しくは別の記事で書きます。

 

ではでは(^^)/

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら
けんいち

最新記事 by けんいち (全て見る)