英語と古典は拷問

けんいちです。

 

私、ちゃんと四年制大学の理工学部まで卒業してますけど、英語と古典は拷問でした。

 

 

なんですか、とりあえず英単語この本の中身全部覚えろって。

 

しかも「いいから何も考えずに覚えろ!」ってwwwwww

 

脳筋にもほどがある…効率悪すぎっすよ…

 

 

 

なので自分は中学の英語の授業は初回から居眠りしてましたし、成績は1だしテストは0点でしたよd( ・´ー・`)やったぜ

 

(流石に進学の時期は拷問に耐えて成績2まで上げました…俺偉い←)

 

代わりに理科と数学は80↑ 理科に関しては90↑も取ったことあります。あんまり勉強せずに。

 

理科と数学って本質だけ覚えればいいので楽だし、本質から頭使ってアンサーだせばよいので楽しいですし。

 

 

だから英語と、高校から追加された古典は拷問も拷問。精神的苦痛ですよ。

 

古典は先生が大和撫子的な人だったので授業に恨みはありませんが、やっぱり古典の暗記は拷問兵器でした。

 

なので英語と古典の単位落として都立高校生活は2年でストップしてます(笑)

 

ドロップアウトで有名な錦糸町にある私立高校の土曜コースで最後の一年を過ごし3年で高校卒業しましたwwww

 

でもおかげで成績ロンダリングを行えたので大学は推薦入学してペーパーなしで入学(笑)

 

でも大学は動物園じゃなくてちゃんと人智のある環境だったので今でも役に立っている経験と知識がたくさん得られましたね!!!

 

 

何が言いたいかって言うと、1つ2つうんこみたいな力しか発揮できなくてもノープロブレム。

 

しかもそんなうんこみたな成績とってた人間がシステムエンジニアやってフリーランスしてますからねwww

 

 

 

でもやっぱり英単語暗記は脳筋戦法の拷問なので今すぐ抹殺されるべき。(※あくまで個人的な意見です)

 

ドラえもん、はやく翻訳こんにゃくだして(´;ω;`)

 

 

<追記と補足>

英語がどれくらい拷問だったかについて

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら