格安SIMで節約できないパターンは1つだけ

※携帯の料金プランは変化が激しい世界です。この記事は将来役立たない可能性がある点を留意してください。

 

【ポータル記事】
格安SIMと格安スマホのススメ

連載第一弾がこちらの記事、『格安SIMで節約できないパターンは1つだけ』です❢

 

格安SIMって本当に物凄く通信費が安くなりますし、2年縛り等の制約から脱却できるので得する要素しかないのですよ。

 

そんな格安SIMでも、節約できないパターンが1つだけあります。

 

今日はそれをお伝えしますね(^^*)

 

それは、月の通話時間が約2時間半を超えてくる人です。

 

それも毎月必ず超えるような超ヘビー級ユーザーです。

 

では、何故2時間半なのかを説明しますね(^^)/

 

 

3大キャリアのドコモ、AU、ソフトバンクでは基本料金の2700円をかけ放題料金として回収しております。

 

格安SIMにはキャリアのような完全なかけ放題プランは存在しません。(厳密には近しいものはある)

 

代わりに、30秒20円の通話料を半額の30秒10円にするプランや、◯分以内の通話なら何回かけても定額料金になるプランがあります。

 

もし、30秒10円の半額プランで2700円を超える通話料金を発生させるなら、約2時間半を超える通話が必要です。

 

だから、月に2時間半以上の通話を毎月行う超ヘビー級ユーザーの方は損するかもしれないんです。

 

ただ、この場合でも次の3パターンに当てはまれば節約できます。

 

1.確かにヘビーだけど2700円より少し足が出るだけの人

格安SIMにすると、通信費が圧倒的に安くなります。なので通話代で少し足が出ても全体として見れば節約できてるという観点のお話です。

 

2.合計時間は2時間半超えるけど、一回あたりの通話時間が10分とか5分以内がほとんどの人

格安SIMには◯分以内なら定額料金でかけ放題のプランが存在します。5分なら約900円。10分なら約1600円です。これらに加入すれば通話料金が節約できます❢

 

3.ガラケーとスマホの2台持ちができる人

これのカラクリは、ガラケーはかけ放題のみのプラン(データ通信なし)で大手キャリアと契約します。スマホはデータ通信専用で格安SIMにします。するとあら不思議、大手キャリアのかけ放題の恩恵と格安SIMの低価格データ通信の恩恵を同時に受けられます❢ちなみに2台持ちは私も昔やっていました(笑)

 

 

まとめ

格安SIMは通話ヘビーユーザー以外損しない。基本乗り換え得❢

 

ヘビーユーザーでも損するとは限らない。その高い携帯代、諦めないで安くしましょう❢

 

本日はここまで❢(^^)/

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら
けんいち

最新記事 by けんいち (全て見る)