自己否定は他者の現実も否定する

自己否定とは、自分の現実を否定する行いを指す。

 

自分の現実とは、「事実」に対して「自分が感じたこと、考えたこと」が付与された、認識された状態の事である。

 

よって、「他者の現実」を受ける時、(話をきく、文字をよむ等)

己の自己否定によって、他者の現実にも否定が入り込むのである。

 

他者が良いとおもったこと。

他者がこうであると定めたこと。

 

それもである。

 

自己否定は他者否定であり、

他者否定は自己否定の鏡面現象である。

 

ゆえ、望むが叶わぬコトがあるならば

それは、自ら否定して受け取らぬと定めたコトである。

その智を得て、赦しを経る。

 

その時、すでに現実が「今ここ」にあったことを感じるであろう。

The following two tabs change content below.

けんいち

シン理探究の道 全体最適の道 インディゴの魂