「眼を背けたくはない」と「そっちへ行く気はない」の境界線

今まで、「もうそういう暗いことは興味ない」「関わる気はない」

けど、「どうにも情報をみにいってしまう」「調子が変わると戻る」

みたいな事象に「潜在的なもやもや」を感じていた。

 

だが、どうにも今日いっこおもったのが、

「眼を背けたくはない」と「そっちへ行く気はない」の境界線

があるようだ。

 

たしかに、「主観、一人称として興味はない、関わる気はない」

のだけれど、「眼を背ける」という観点においては「まだ関わる気がある」ようだ。

 

完全に知らんぷりするのも、それは全体最適を征くうえで違うのではなかろうか。

 

という観点。

だから、観点と関わり合う深さは変わっていくとおもう。

というよりも無自覚なだけですでに変わったのだろう。

The following two tabs change content below.

けんいち

全体最適の道