一番コアな部分は、コアであると同時に最も器でもある。

心臓と脳。

 

肉体の中でも最も中核である臓器。

 

ただ、中核ゆえに、それ自体は最も器でもある。

 

心臓だけでは人体は成立しない。

 

血液がなければ空打ちである。

腎臓がなければ、肝臓がなければ、肺がなければ。

 

そう、とたんに心臓というよりポンプになってしまう。

 

脳も、

神経がなければ出力先がなく空回りである。

手がなけれ、足がなければ、顔がなければ。

 

とたんに脳というより記憶装置になってしまう。

 

そしてその「中核≒器」の性質は他の臓器や機能の単位からみても同じである。

 

空性とは本当に素晴らしい悟りの境地だw

結局そこにカエルのである。

無事、そこにカエル。

The following two tabs change content below.

けんいち

全体最適の道

最新記事 by けんいち (全て見る)