どうも、暗い話をガチでするのが一番好きらしい

超暗い話とか、暗いを表現すると【生きてる】感覚がします。

 

ほとんどの人は逃げるでしょうが、こういう話は人類史においてずっと存在していた話だし、みんな蓋をしてただけです。

 

書いててふと思い出しましたが、どうもいま世間ではフランチャイズでの話題がニュースらしいですね。テレビ見なくなっちゃったので兄弟から聞きました。

 

あれ、Twitterでは遥か昔にすでに話題になってましたよ。

 

あなたが知らないだけで、すぐ眼の前の話です。

 

今買い物してるコンビニだってもう直前かもしれませんよ。

 

老老介護の果に【子】が【親】を【楽】にしたニュースも私の中では鮮明に覚えてます。

 

 

 

ALSの方が国政へと出られました。

 

その時私のタイムラインには、「俺はALSの介護でたくさん苦しんだ」「なのに税金で優遇されるのはおかしい」というメッセージが流れてきました。

 

冷静にみると矛盾しています。

だからこそ、その悲しみがどこかで起きないように背中を押すべきではないか?

 

いや、関係ないのもわかってます。

「俺の苦しみは、あの時間はなんだったんだ。」

 

眼の前で救われている人を見て、自分の痛みや苦しみを否定された感覚。そういったものが恐らくあったのでしょう。

 

間接情報すぎて妄想でしかないですが、怒り狂い方が尋常でなかったのは間違いなかったです。

 

そういう部分を闇として封じるのはもう「終了」です。

 

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら