人々の脳は同期している

 

人種とか肌の色とか違うけど、みんなホモ・サピエンスじゃないですか。

 

人類みな兄弟とはよく言ったものです。

 

科学的にもそうだし、愛としてもまさしくそのとおり。

 

 

ネアンデルタール人の血も僅かに我々の中に残っているらしく、

 

そう考えると他の絶滅した人類すべても我々の中にきっと残っているんでしょうね。

 

みんなで辿り着いた未来。

 

それが、「ホモ・サピエンス」という形なんだと想いをはせます。

 

 

人々の脳は実質同期している

 

コンピュータみたいにネットワークで繋げてるんじゃねぇんだから、んなバカなwwww

 

というでしょう。

 

では、まったく同じ構成(ハード・ソフト共に)のマシンに同じ入力をしたらどうなるでしょうか。

 

当然ですが、同じ出力結果を出します。

 

むしろ出なかったら同構成なのになんで?!って開発者の脳を破壊するでしょうww(いやほんとやめて(現職業柄

 

だとしたらです。

 

 

人はみんなホモ・サピエンスです。

 

遺伝子はほぼ同じです。

 

我々が他の見慣れない生き物の個体を見分けるのが難しいように、

 

宇宙人からしたら個体識別するのも一苦労でしょうwww

 

ともすれば、

 

個体差はあれど

 

脳の構成、性能も土台はみんな一緒ってわけです。

 

でなければ色んな薬も誰が飲んでも効くとかならないからねwwww

 

 

そこにさらに

 

同じ時間、場所、体験、知識。

 

そういうのを共有した存在。

 

そういう人となれば、離れてバラバラに暮らしてても、ある時に同じ思考や行動に至るのって、もはや普通なんですよね。

 

あちこちで同時多発する現象やアイデア。

 

虫の知らせ

(私結構これあります。恐ろしいほどドンピシャる事が多いので、これはもはや世界の仕組みだと認知してます)

 

こういうのって、全部人々の脳が実質同期してるから起こることだと思っています。

 

偶然じゃ片付かない。人々の必然的な目覚め。

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら