低次元の話をしている、高次元の話をしているか という感覚

 

 

社会人になってからあたりかな。

 

ずっと忘れていたのだけど、

 

未成年の頃はこの意識結構常にもっていた。

 

 

今話している話、レベル低くない?高くない?

 

って感覚。

 

もっとうえがあると感じた場合、話をレベルをあげようとしたり、あとで調べたり。

 

 

こいつを思い出して使う時みたいだ。

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら