【日変月化】プラチナチケットが降ってきた人がするべきこと【カウント72】

 

おはようございます。

 

けんいちです。

 

 

私、過去のトラウマ的経験から、詰め込みで学ぶっていう事にすごく抵抗感がありました。

 

詰め込みは人格破壊をおこす悪だっ!! とかおもってました。

 

まぁ、実際にまったく間違ってるわけではない。その話も。

 

実際、望まぬ人にムリヤリやり続けたら壊れる。うちの父はそれだった。

 

 

だが、そうでもない。 それがわかった。

 

というより、詰め込み学習が聖杯たりうる人にとってはそれは必要なんだと気づかされました。

 

今日はそんな話です。

 

 

人生くすぶってる凡人。

負のスパイラルに陥ってる人。

現状を打破したい人。

 

そんな人には詰め込み学習・教育って切り替わるための大きな刺激・チャンスだとおもいます。

 

今の自分のライフスタイル。

 

悔しいし、悲しいし、絶望だが、それの総体が今のような うだつが上がらない状態を作っている。

 

詰め込み教育は、いわば矯正である。左利きを右利きに治そうとするようなもんだ。

 

だから、毒と感じる人。

 

そう、受け手側が毒と感じるなら やはり詰め込み教育は悪なのではないかなと感じる。

 

しかし、今を打破したい。

 

眼の前にチャンスが、プラチナチケットが降ってきた。

 

そういう人が、変わるためならば詰め込み教育。矯正。

 

イイじゃないか。

 

凡人なんだ、天才と違って色々限度がある。

 

だから、”カタ”にはまってイイじゃないか。

 

だって、大きく飛躍するナニかができないから、ナニもできない今になってる。

 

なら、”カタ”がなくてナニができる。

 

そして、最終的に必要となる質。クオリティー。

 

天才ですら量をこなさないといけないんだ。クオリティーに到達するには。

 

効率は凡人よりはるかにイイのにだ。

 

なら、凡人もヤルしかない。”大量”に。

 

その”大量にやる”の効率を高める、安定させるために”カタ”に入る。

 

天才がセンスとしてもっているモノに届くかは別の話だが、

 

ある意味ほぼ無い。センスなんて。

 

そんな凡人は”カタ”でその部分を代用する必要がある。

 

 

 

あとがき

 

この記事書いてる今、私も“人生くすぶってる”な状態にあります。

 

そして、眼の前にチャンス。プラチナチケットは確かに存在してる状態です。

 

詰め込み教育が嫌いな私でしたが、先日ネットでみたドラゴン堀江という企画の番組。

 

そして、そこから漫画のドラゴン桜を読む。

 

そこには東大受験で人生を変えるという物語が展開されていました。

 

自分のプラチナチケットは東大受験ではありませんが、

 

東大受験を自分の手元にあるチャンスに置き換えて読むと、

 

ああ、!!そうか!!!

 

っていう気づき、哲学がふんだんに盛り込まれていました。

 

 

自分の場合、精神的・人間的な豊かさを無限に追求できる可能性のチケットと、

 

金銭的、時間・自由の可能性を無限に追求できる可能性のチケット。

 

この二枚が同時に手元にあります。

 

怪しく思われないために断り書きしておきますが、

 

1つめは心理カウンセリングのチケット。

 

2つめはデイトレードのチケットです。

 

両方共、メンターが最強人物であることに疑いはないのですが、

 

見ての通り世間では食えるようになるのが難しいとされている世界ですw

 

そして両方共、ここ1年半~2年くらいでしょうか。

 

取り組んで、関わって、正直尻込みしてしまっている状態にいます。

 

トレードの方はモチベーションが下がっている、明らかにこのままの延長線上に望む未来はない。

 

心理カウンセリングの方は大きな山を前にビビっている。

 

そんな感じです。

 

必ず超えます。この峠。

 

ワンピースに変換したらグランドラインですね。

 

行きたいです、グランドラインへ。

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら