【日変月化】人生というゲームのラウンド数【カウント66】

どうも、鉄風です。

 

人生ってのは壮大なゲームです。

 

で、壮大なゲームなのでどういうゲームにするか、どうプレイするか。

 

それはまさに十人十色なわけですが、

 

どうやっても共通でもっている前提条件。

 

縛りというかルールみたいなものもあります。ゲームなんで。

 

例えば、時間はどうやっても流れる~とか、

 

みんな万有引力の法則のうえに成り立ってるとか。

 

で、今日は私が「時間」という視点にフォーカスした価値観を皆さんと共有できたらなとおもい筆をとっております。

 

 

1年という単位をラウンド数としてカウントしてみる

 

今のところ人間って100歳こえたらレアじゃないですか。

 

ってことは1年=1ラウンドとしたら、

 

人間はほとんどの人が100ラウンドもプレイできずにゲームが終わっちゃうんですよね。

 

これ や ば く な い で す か ?

 

だって、スーパーマリオでも残機増やせば100回以上復活できるんですよ………

 

でも我々はノーコンティニューなゲームを100回すらやり込めない……

 

普通にやったらマジでただの 無 理 ゲ ー すっわ。

 

 

そこで思った

 

1ラウンドの単位を一ヶ月にできれば単純に12倍ですよね。

 

80歳まで生きるとしたら

 

9 6 0 ラ ウ ン ド !!

 

まぁ、それでもやり込みを考えたらまだまだ少ないですが…

 

 

つまり言いたいことは

 

人生のプレイ方法を人それぞれです。

 

ただ、大きく立ち回りたい。

 

そんな人は1年でやっと一つとか言ってる場合じゃないってことです。

 

ひと月で一つでもアレです。

 

半月とか一週間とか三日っとか一日とか半日とか三時間とか、

 

一時間とか30分とか分とか 秒 とかに加速すると、

 

圧倒的な時間的アドバンテージが得られます。

 

1ラウンドに要する時間の単位を細かくするには

 

決断ってワードは重要だとおもいます。

 

あとはセットで行動・アクションでしょうか。

 

月並みなことしか言えないですが。

 

それでは鉄風でした。

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら