【日変月化】拡張性を生み出すには【カウント62】

 

アウトプット優先で脈略は省略します。

 

拡張性を生み出すには、求めるには何をしたらいいかについての考察です。

 

 

拡張性をつくるのではなく、非拡張性を潰していく

 

拡張性がどうしたら生まれるのか?つくれるのか?

 

それについては正直、直感的に出てきません。

 

ですが、非拡張的なことを潰して、その先に残ったものが拡張性を帯びているだろうという仮説が出てきました。

 

総体としてか単体で威力が高いモノが混じってるかまでは知らないですw

 

例えば、極端な独自規格にするとか。

 

完全に遊びを削るも拡張性を殺す気がしますね。

 

外部との接点を削る。

 

外部からの受け皿たりうる部分を削る。

 

そういう事をすると拡張性というのは削られて行く気がします。

 

おや、どうやら逆の事をすれば拡張性をつくることもできそうなのが見えてきましたね。

 

 

拡張性を生みうるやり方・あり方

 

どうも、外部との接点を増やす。

 

外部からの受け皿を増やす・大きくするということが拡張性を生みそうです。

 

やり方としては、意図的に接点を増やす。

(組織やシステムならそういう制度を作る)

(人や個人なら、人とあう、なんでも試してみる等)

 

あり方としては、受用・傾聴・愛などでしょうか。

スピリチュアルな単語が並びましたが、あり方っていうもの自体スピリチュアルな方面の話だとおもうのでこんなもんでしょう。

 

 

ぼやき的なこと

 

結構、全体的にぼんやりと書いてます。

 

そして、ほとんど経験と知識からくる仮設でしかないので、正しいかは不明です(笑)

 

私自身が昔から汎用性・拡張性・応用性といったバランスがとれる概念が好きなので、いっちょとインスピレーションが降ってきたのでアウトプットしてみました。

 

誰かのインスピレーションや答え的なもの、素材的なもの、なんでもいいので+になれば幸いです。

 

 

それはけんいちでした( ´ ω ` )ノシ

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら
けんいち

最新記事 by けんいち (全て見る)