【日変月化】情熱で飯が食える説【カウント17】

おはこばにちわ。

 

けんいちです(*´∀`)ノ

 

昨日は大学時代からの友人のボクシングの試合を観に行きました!

 

で、最近 起こった自分の中での変化や、昨日の感覚から今日の記事は書きたいとおもいます。

 

 

情熱というエネルギーは価値がある

 

情熱って、素晴らしいとおもうんですよ。

 

無形・無価値だったものに魂を吹き込むような力を感じます。

 

格闘技の試合を観に行くと、お客さん みんな叫んでます。

 

応援して、激励してエネルギーをリング上の選手に送っている。

 

そして、選手たちも真剣な試合で観客達にエネルギーを送っている。

 

相互に呼応して、熱交換して、お互いに楽しくなる。

 

ついでにお金もまわってるみたいな。

 

逆に情熱がないと…?

 

これ、差別とかではないです。

 

だけど、元気がない場所や人。

 

盛り上がってない場所や文化。

 

そういうところってあんまり人が寄っていかないですよね。

 

自分ごとだと考えてみてください。

 

食事をするお店を探すときに、

 

繁盛してるお店と、なんか閑散としてるお店。

 

どっち行ってますか? 行きますか? 眼に留まりやすいですか?

 

繁盛してるお店ですよね?

 

そう、盛り上がってるところには人が集まるのです

 

情熱は人を引きつけるのです。

 

人がいるということは、それだけお金もそこにあります。

 

人がいるということは、それだけ新しいコラボレーション、ブーム、カルチャーが生まれます。

 

人がいるということは、それだけ新しい繋がりが、人脈の広がりが発生します。

 

だから、情熱で飯が食えるんです。

 

スポーツやeスポーツもそうですよね。

 

情熱がなければ、熱量がなければ、

 

競技人口も増えないし、なによりやってる人達がつまんなくて自然消滅するとおもいます。

 

そして、熱量があり人が集まればそこで色んなモノがまわりはじめます。

 

選手のために良い食品・飲料を開発・提供しよう

 

応援にいくからプレゼントやサプライズを用意しよう

 

自分の子供がプロとして活動するからお父さん頑張って稼ごう!

 

とか。

 

情熱があると勝手に文化も科学も進歩して、お金も回っちゃうんですよね。

 

ゆえに情熱をもて

 

だから 私はコレからの人生、

 

成したい事がある時は情熱を滾らせてやります。

 

情熱が滾る事柄で「なにか」を成します。

 

 

……

なんか 松岡修造さん みたいになりましたねw

 

 

鉄は熱いうちに打て

風が吹けば風に乗れ

 

 

d( ・´ー・`)

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

人が好きな癖に人と関わるのが苦手な人ですw オタクとゲーマーの味方。 もっと言うと人類の味方。 詳細はこちら