ルールの正体

ルールの正体って知ってますか。

 

これはSNSでアンケートもとったうえでの発言なのですが、

 

秩序を守るためのモノというのが多数派の意見です。

 

私は違うと思っています。

 

それ<ルール>は、「望んだ結果を出し続けるため」の道具。

 

 

そのアウトソース先は大衆です。

 

ルールはあくまで机上の力。

 

プログラミング言語で書かれたコードのソレとほぼ同じモノ。

 

コードは、それが働く基盤がなければ力を、、効果を行使することはできません。

 

その基盤はインフラという呼び方もします。

 

大衆は、ルールというコードを実行するための基盤。インフラとされてしまっている。

 

コードを書く人々は上層構造にいる人達です。

 

彼らは色々な思惑でコードを書いています。

 

お金がほしい

 

人に貢献したい

 

自分の声を世に拡散したい

 

まあ、色々です。

 

 

 

ただ、インフラとしての機能で生きるのが自分には耐え難かった。

 

まあ、、それは今は別の話。

 

 

互いがコードを書き、インフラでもある。

 

そんな世界にまずシフトして行きたくはないかい?

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら