アウトプット失敗

どうも、けんいちです。

 

本日の東京都江戸川区のお天気は秋みたいな空気です。

 

こんな日は私にとってインスピレーションがすごく高まる日で、

 

今日もすごくインスピレーションがわいてきて色々な事を考えていました。

 

そのうちの一つをアウトプットしようとしたのですが、なんか失敗しました。

 

 

頭の中では完全に言語化、文章化、ストリートにすらなっていて、この文章を書いてる途中でもそのイメージが消えたり変わったわけではありません。

 

だけど、文字にするとなぜか

 

うーん、

 

なんというか、自分で起こした文字に脳が影響されてストレートにアウトプットできないんですよね。

 

アウトプットした瞬間に次の変化や問答がはじまっちゃって、

 

アウトプットしたかたった事がまったく出てこなくなっちゃう。

 

 

なので、ボイスレコーダー買おうか考え始めました。

 

文字でなく、声でのアウトプットなら脳に阻害されないのではないかなと。

 

せっかく いい インスピレーションが湧いても文字に殺されるんですよね。

 

たぶん、理系だし、エンジニアだし、男で理屈傾倒。だから文字からの影響をあまりに強く受けるんだとおもいます。

 

頭がいいから文字に対して相当な情報量が詰め込まれてるんですよね、人より。

 

だから自分が書いた文字でも、文字になった瞬間に他者の意思がそこから再生(ロード)されて、スピリチュアル的というか、心からの 声 がかき消されるんだとおもいます。

 

ちょっとアウトプットを人とは別の形で工夫しないとコレは超えられない壁だとおもいます。

 

文字を眼にするだけで他者の思考が文字を通じてローディングされるのは完全にどうしようもないです。

 

アウトプットのアプローチを変えるしか無い。

 

そんな記事でした。

 

(´・ω・`)ノシ

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら