エンジニアを目指した理由。今になって心実(しんじつ)が理解できた。

どうも、けんいちです。

本日はインスピレーションに恵まれていて、本業そっちのけでヌルヌルアウトプットしてます笑

 

 

エンジニアを目指した理由。

いろいろありました。

手に職がつく

この先長く食っていけそう

稼げそう

ロジックの世界だから、理系の自分にはきっと適正がある

高校生の頃から自作PCを組んでたから人よりアドバンテージがある

人がエンジニアに対して感じる苦痛や嫌悪が自分には苦に感じられなかった

いろいろあって、選びました。

でも一番の

いや、心実の理由は違いました。

それは、人の喜びと人への貢献です。

人よりもPCに触れる機会が多かった、人よりちょっとPCに詳しかった。

2chでいうパソコン大先生ですね(笑)

だから、身の回りでPCに困ってる人がいたらよく助けていました。

その時に感謝されるのが嬉しかった。

ほんのそれだけなんですよね。

だから、高い技術力で凄いものを作りたいー

とか

エンジニアでバリバリ仕事できる俺TUEEEE

とかw

そんなの一切いらないし、実は興味なかったんですw

むしろ、簡単な事や知識でも困ってる人を見かけたら助ける・教える・協力する。

そういう事に喜びと意義を感じてたんですよね。

トレードを覚えて稼げるようになったらエンジニアやめよう。

そう思ってた。

だけど、今の時代エンジニアのスキルや目線はたとえ低いものだったとしても求められてる。

僕にとっては簡単なことでも、それで凄い苦難・四苦八苦してる人がいる。

なら助けなきゃ。

特に、身の回りの人や自分に良くしてくれる人には特段そうしたい!!

そういうパートナーエンジニア。それに自分はなりたいなって。

ある意味水先案内人ですよねw

ITっていう秘境の地に用事がある人をご案内、サポート、守護する。

それってカッコいいし気持ちがいい。

そんなエンジニアに自分はなりたかった。

今やってる仕事はそれと少しズレてるけど。

やっと道を識った。

今から目指そう^^v

けんいちでした。

この記事、書いててとても気持ちが良かった・軽かったな^^♪

The following two tabs change content below.
けんいち

けんいち

5歳から将棋をはじめてしまうほどの頭脳派。幼いころから本質追求・真理探求が大好きで、科学も大好き。職業はフリーランスのシステムエンジニア。詳細はこちら